健康にいい4品目の野菜で作る和風サラダ

簡単 健康にいい4品目の野菜で作る和風サラダ

暑い夏には、ピリッとしてさっぱりした和風サラダがいいですね。

だいこんやきゅうりを使うことで、みずみずしく食感を楽しむことが出来ます。

ドレッシングは、酸味とスパイシーなイタリアンドレッシングをベースに少しアレンジしてみました。

サイトのマスコットべジ

和風サラダのドレッシングってどんな味なんかなぁ~

楽しみだね!

簡単 健康にいい4品目の野菜で作る和風サラダの材料

健康にいい4品目の野菜で作る和風サラダの材料

  • たまねぎ         1/4個
  • にんじん         1/4本
  • きゅうり         1/2本
  • だいこん         10㎝位のものを半分
  • *イタリアンドレッシング 大さじ2杯
  • *オリーブオイル     大さじ2杯
  • *こぶだししょうゆ    小さじ2杯
  • *柚子胡椒        小さじ1/2杯
  • 花かつお         小パック1

サイトのマスコットべジ

Aer you ready ?

let’s go !

let’s cooking !

健康にいい4品目の野菜で作る和風サラダのドレッシング

1.*の材料を混ぜ合わせます。

健康にいい4品目の野菜で作る和風サラダのカット

2.たまねぎ・にんじん・きゅうり・だいこんを細く千切りにして(1)に入れます。

健康にいい4品目の野菜で作る和風サラダ ドレッシングに合わせたところ

3.(2)をよく混ぜ合わせます。

健康にいい4品目の野菜で作る和風サラダの完成品

4.器に(3)を盛り花かつおをトッピングして出来上がりです。

野菜の皮をむかずに食べる最大のメリット!

にんじんの皮つきのメリット

皮むきと皮つきのβ-カロテン含有量の比較(可食部100gあたり)

皮むき 生   6700㎍

皮つき 生   6900㎍

にんじんはβ-カロテンを多く含みますが、皮つきの方がβ-カロテン量が200㎍程多くなります。

β-カロテンは、脂溶性ビタミンなので、ドレッシングをかけたり、油で炒めることでより吸収率が良くなります。

※ 注意点 

にんじんには<アルコスピナーゼ>というビタミンCを破壊する酵素も含まれています。すりおろすと活動が活発になるので気を付けましょう。

だいこんの皮つきのメリット

皮むきと皮つきのだいこんのビタミンC含有量の比較(100㎉あたり)

皮むき  生    61.0㎎

皮つき  生    66.6㎎

だいこんの皮には、ビタミンCの吸収を助けるビタミン様物質(ビタミンに似た存在)の一種であるビタミンPが含まれています。カルシウム、葉酸、ビタミンCは皮つきの方が多く含まれます。

だいこんを生で食べるといい点

生で食べれば、熱に弱い<ジアスターゼ・オキシターゼ>といった酵素類も壊すことなく摂取することが出来ます。だいこんおろしは、20分後にはビタミンCが80%に減少すると言われています。食べる直前におろしてください。

健康にいい4品目の野菜で作る和風サラダの完成品

まとめ

だいこんやきゅうりのみずみすしさや食感がいいサラダです。よく噛んで食べることで脳も刺激され脳のためにもいいですね。ドレッシングに加えた柚子胡椒のピリッとした隠し味がいいですよ。花かつおの香りが和風サラダの雰囲気を存分に醸し出してくれ、味わいもアップします。和風サラダをお楽しみくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

see you again ! by vegeger