チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み

油揚げにだし汁が浸み込んで美味しいですね。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み

油揚げのきんちゃく包みの具材の定番は、おもち、たまごでしょうか。

中に入れる具材は、何でもいいと思いますよ。

それぞれの人で、好みや家の定番があると思います。

具材には、下味をつけておくといいと思います。

今回は、ベーコンやチーズを入れて作ってみました。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包みを作りましょう。

サイトのマスコット

油揚げのきんちゃく包み!

おもちが入ってるのを想像しちゃうね

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包みの材料

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 材料

2食分

  • 油揚げ        5枚
  • ほうれん草      1束
  • にんじん       5㎝位
  • エリンギ       2個
  • ベーコン       30g位
  • たまご        2個
  • スライスチーズ    3枚
  • 本つゆ        小さじ2
  • かたくり粉      小さじ1/2
  • かいわれ       ひとつまみ

だし汁

  • *水         300㏄
  • *かつおだし顆粒   小さじ2
  • *減塩しょうゆ    大さじ1
  • *みりん       大さじ2
  • *砂糖        小さじ1

サイトのマスコット

煮汁を含んだ油揚げが美味しいね

上手に油揚げを開こうね

let’s cooking !

1.ほうれん草をラップに包み、レンジ600wで30秒チンします。にんじんは細切りにしてレンジ600wで40秒チンします。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理1

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理1

2.エリンギ1個はサイコロ状に、もう一つは細切りにします。ベーコンは1㎝角にします。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理2

3.(1)のほうれん草を3~4㎝位に切り、にんじん・細切りのエリンギと一緒にボールに入れて、本つゆをかけて混ぜ合わせます。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理3

4.耐熱ボールに、*の材料を入れてレンジ600wで1分チンして混ぜ合わせます。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理4

5.お皿にキッチンペーパーを敷き油揚げを並べてキッチンペーパーをかけてラップをして、レンジ600wで1分チンします。温かいうちに油揚げの端を切り、中を開きます。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理5

6.(5)の油揚げにたまご・エリンギ・ベーコンを入れて口を閉じます。(2つ作ります。)油揚げに半分に折ったスライスチーズを入れ(3)の材料を入れて口を閉じます。(3つ作ります。)口を閉じる時は、つまようじで止めて切り落とした油揚げを軽く結びます。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理6

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理6

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理6

7.鍋に(6)の油揚げのきんちゃく包みと(4)のだし汁を入れて、クッキングペーパーを落とし蓋にして10分位煮込みます。時折煮汁を回しかけてあげます。火を止めて10分位置きます。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理7

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理7

8.油揚げのきんちゃく包みを取り出して、水溶きかたくり粉でとろみをつけます。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 調理8

9.器に油揚げのきんちゃく包みを盛り(8)の煮汁をかけて、かいわれを飾り出来上がりです。つまようじは抜いてくださいね。

チーズとたまごで油揚げのきんちゃく包み 完成品

ほうれん草の調理方法

葉物野菜の王様、ほうれん草は、ビタミンC・β-カロテン・鉄・亜鉛・などが豊富に含まれています。

ビタミンなどの栄養は葉先にたっぷり含まれています。

ほうれん草はデリケート

葉物野菜は、面積の大きい葉からどんどん水分が抜け、しなびてしまいます。

常温保存だとビタミンCが1日で60%も減ってしまいます。

なるべく鮮度が高いうちに食べるか、あく抜きをして冷凍保存をするといいようです。

ほうれん草の加熱調理

1.たっぷりのお湯にお塩を入れて、30秒程茹でる。根元から入れて茹でるようにします。

2.ほうれん草をラップに包みレンジでチンします。量により時間が変わります。20秒~量によって加熱時間をかえていきます。

3.少なめのお湯で茹でる。

茹でたあとあく抜きのために、冷水にさらしたりするときは長くさらしているとビタミンCがたくさん流出してしまうので気をつけてください。

まとめ

ほうれん草は茹でているうちに4割ものビタミンCを失ってしまいます。

茹でる前に切ってしまうのはNGです。茹でた後に切りましょう。

赤茎ほうれん草やサラダほうれん草は、あくが少なくて柔らかいので生食でつかうといいですね。

是非知っておきたいおすすめサラダのレシピ

超簡単 あっという間に出来るきゅうりのぶったたきサラダ

超簡単 健康と美容にいいパプリカのサラダ

超簡単 第7の栄養素スルフォラファンブロッコリースプラウトのサラダ

超簡単 健康にトマトの栄養リコピンたっぷりとうふ&ツナサラダ

簡単 健康にいい4品目で作る和風サラダ

関連記事

ミネストローネはダイエット・美容効果があるは本当⁈

秘密はスパイスにあった!カレーの美容と健康効果がすごい!

美肌にも!レモンより多いビタミンCブロッコリーの美容効果

クレオパトラの美の秘密はセサミンごまパワーで健康と美容効果

お酢は最強⁈女性が注目すべきお酢の効果効能

赤の秘めた力 健康と美容食材知らなかったら損するパプリカの秘密

最後までお読みいただきありがとうございました。

see you again ! by vegeger