おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん

アツアツのカレー鍋焼きうどんが美味しい!

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん

寒い時には最高ですね。

カレーのスパイスが刺激的で体の芯まで温めてくれます。

汗をかきながらフウフウして食べる、アツアツのカレー鍋焼きうどんは美味しくていいですね。

カレーうどんと言うと和風だしで作ることが多いですが、今回はブイヨンを使って洋風だしで作りました。

リンゴジュースも入れて一工夫して、リンゴジュースがいい味を出してくれていますね。

いつも手抜きで作ってしまいますが、チョット手をかけて作りました。手をかけて作った分美味しさが違いますね。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどんを作りましょう。

サイトのマスコット

カレーうどんの鍋焼きバージョンかな

一工夫で美味しさが違ってくるんだね

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどんの材料

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 材料

1食分の材料

  • 冷凍うどん      1食分
  • 手羽もと       2個
  • かぼちゃ       1/8
  • たまねぎ       1/4
  • しいたけ       3個
  • ミニトマト      5個
  • たまご        1個
  • ニンニク       2かけ
  • しょうが       1㎝位
  • マギーブイヨン    4g
  • カレー粉       小さじ1/2
  • カレールー      1個
  • 塩          少々
  • オリーブオイル    大さじ2
  • リンゴジュース100% 100㎖
  • 水          300㎖

let’s cooking !

1.かぼちゃ・しいたけは食べやすい大きさに切ります。たまねぎ・ニンニクはスライスに、しょうがは千切りにします。手羽もとは、骨にそって包丁で切り込みを入れて開き詩ををして置きます。冷凍うどんはレンジ600wで2分チンして温めて置きます。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 調理1

2.土鍋にオリーブオイル・ニンニク・しょうがを入れて火を付けます。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 調理2

ニンニクとしょうがの香りが立ってきたら、たまねぎとしいたけの茎の部分を入れ味だしの塩をして炒めます。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 調理2

たまねぎが透き通ってしんなりして来たらカレー粉を入れて炒めます。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 調理2

3.(2)に手羽もとを入れてサッと炒めます。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 調理3

リンゴジュース・水・マギーブイヨン・かぼちゃを入れて蓋をして煮ます。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 調理3

かぼちゃに火が通って来たら、カレールー・しいたけ・ミニトマトを入れてひと煮立ちさせます。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 調理3

4.ひと煮立ちしてカレールーが溶けたら、うどんを入れます。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 調理4

煮立ってきたらたまごを割り入れて蓋をして半熟に仕上げます。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 調理4

たまごを半熟に仕上げて出来上がりです。

おひとりさまアツアツで極うま!カレー鍋焼きうどん 完成品

♪・リンゴジュースの甘みが生きてうまさを引き出していますね。ピリッと辛いカレーの中にかぼちゃのまろやかさとミニトマトの酸味がいいバランスで美味しく仕上がっていますね。一工夫して、ひと手間かけた美味しさが出ているカレー鍋焼きうどんですよ。

カレーは食べる漢方薬⁈

カレーは複数のスパイスから作られています。

  • ターメリック
  • クミン
  • コリアンダー
  • ガーリック
  • カルダモン
  • ブラックペッパー
  • トウガラシ

これらのスパイスは、漢方薬として使われているものが多く、それぞれ健康と美容に効果が期待できると言われています。

カレーは美肌・ダイエット効果に期待!

健康的な女性

カレーの辛み成分、チリパウダー・赤唐辛子には「カブサイシン」が含まれています。

カブサイシン 脂肪を燃焼させて発汗作用のある成分

しょうが 発汗作用・血液の循環を良くして体を温める効果

身体が温まり、冷え性を予防して汗をかきやすい体になり、軽い運動でも汗をかけばダイエットしやすい体になります。

汗をかきやすくなると、自然と毛穴の老廃物が汗で押し出されるため、肌のきめが良くなります。

ターメリックには殺菌効果があり、皮膚の炎症を防いでくれ、肌トラブルにも効果が期待できます。

効果的なカレーの食べ方

朝カレー

イチロー選手が毎日朝カレーを食べていたことは有名です。

スパイスは、目覚めさせる効果があります。スパイスが、脳を刺激し記憶力向上や集中力UPする効果があります。

カレーの脇役としてのらっきょう

らっきょうに含まれる硫化アリルは、エネルギー代謝に不可欠なビタミンB1の吸収を助けます。

疲労回復・血流改善・食欲増進・腸内環境を整えるなどのこうかも期待できます。

白米だけよりも、雑穀をプラスしたり、ターメリックライス・サフランライスにしたりするのもおススメです。

チャパティは、全粒粉をしようしていてビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富でヘルシーです。

まとめ

美容と健康に効果があるカレーですが、食べ過ぎには注意をしてください。

燃焼効果がある香辛料は、場合によっては胃腸が荒れる原因にもなります。

市販のカレールーは便利なんですが、油脂で固められているのでカロリーが気になる方は注意が必要です。
市販のカレー粉に好きなスパイスを足して、自分の好みのカレーを作り脂肪分を抑えることができます。

生野菜サラダと一緒にバランスよく食べることで、美容と健康効果を実感しましょう。

野菜たっぷりサラダ

是非知っておきたいおすすめサラダのレシピ

超簡単 あっという間に出来るきゅうりのぶったたきサラダ

超簡単 健康と美容にいいパプリカのサラダ

超簡単 第7の栄養素スルフォラファンブロッコリースプラウトのサラダ

超簡単 健康にトマトの栄養リコピンたっぷりとうふ&ツナサラダ

簡単 健康にいい4品目で作る和風サラダ

最後までお読みいただきありがとうございました。

see you again ! by vegeger