簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ

低価格だけど、ヘルシーなとうふハンバーグ!

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ

スパーマーケットに行くと、1パック100円で魚のすり身を買うことが出来ます。

手を加えなければ、ただ汁物の具つみれにしていました。

いつもは脇役の魚のすり身でした。

魚のすり身にとうふと野菜を加えて練ってハンバーグにすると、主菜として大変身します。

とうふと野菜を加えることで、健康にもいいですね。

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグを作りましょう。

サイトのマスコット

魚のすり身ととうふなんだね

どんなハンバーグになるのか楽しみ!

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグの材料

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 材料

2食分

  • 魚のすり身      100g
  • とうふ        130g
  • じゃがいも      1個
  • にんじん       5㎝位
  • れんこん       小1個
  • ピーマン       1個
  • たまねぎ       1/2
  • 塩          少々
  • ブラックペッパー   少々
  • オリーブオイル    大さじ2
  • バター        小さじ1

ソース

  • *だし汁       100㏄
  • *オイスターソース  小さじ2
  • *減塩しょうゆ    小さじ1
  • *みりん       大さじ1
  • *黒酢        小さじ1
  • *砂糖        小さじ1
  • かたくり粉      大さじ1
サイトのマスコット

野菜がいっぱいでヘルシー!

れんこんが入るから食感がいいね

let’s cooking !

1.とうふをクッキングペーパーで包み、レンジ600wで2分30秒チンして水切りをします。

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理1

2.にんじん・れんこんはみじん切りにします。じゃがいもは6つに、なす・ピーマンは2つに切ります。なすには切り込みを入れておきます。たまねぎは細切りにします。

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理2

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理2

3.フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて熱し、にんじん・れんこんのみじん切りを炒めていきます。炒める時に軽く塩をします。炒めたらボールに取り出して冷ましておきます。

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理3

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理3

4.(3)のフライパンにオリーブオイル大さじ1とバターを入れて、じゃがいもを焼いて行きます。フライパンに蓋をして火の通りを良くします。じゃがいものそれぞれの面に焼き色を付けます。じゃがいもに火が通って来たら、なす・ピーマンも入れて焼きます。焼きあがったら取り出しておきます。

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理4

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理4

5.(3)に魚のすり身と(1)のとうふを手でつぶしながら入れます。ブラックペッパーを振りよく混ぜ合わせます。

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理5

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理5

6.*の材料を手鍋に入れて温めてよく混ぜ合わせ、水溶きかたくり粉でとろみをつけます。

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理6

7.(5)のハンバーグの種を半分に分け空気を抜いて形を整えて、(4)のフライパンで焼いて行きます。たまねぎも一緒に入れてフライパンに蓋をして焼きます。

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理7

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理7

簡単!1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ 調理7

8.お皿に(4)のじゃがいも・なす・ピーマン・たまねぎを盛りつけ、(6)のソースを敷き、たまねぎとソースの上にハンバーグを盛りつけて出来上がりです。

1パック100円の魚のすり身でヘルシーとうふハンバーグ

にんじんはβ-カロテンが野菜No.1!

にんじんに含まれるβ-カロテンは、一日1本で必要な量が摂れるほど豊富に含まれています。

体内でビタミンAに変わり、アンチエイジングや免疫力を高める効果があります。

ビタミンAは脂溶性ビタミンです。70%が水分である人の体内では溶けずに排出されてしまいます。

β-カロテンを有効に吸収するには、どうしたらいいのでしょうか?

調理したにんじん

にんじんは生よりも断然加熱!

生で食べるβ-カロテンの吸収率は8%程度です。

加熱すれば吸収率は2倍以上になります。

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、油で炒めたり、揚げたりすればβ-カロテンを70%も吸収出来ます。

油で加熱調理すれば最強ですね。

まとめ

にんじんは生よりも、油で加熱調理と覚えておきましょうね。

油もオリーブオイルを使えばさらに、健康や美容に良い効果が期待できますね。

野菜をただ摂るだけでなく、野菜の栄養や有効な調理方法を知って置くと得しますね。

普段の食生活に生かしてくださいね。

超簡単 健康にトマトの栄養リコピンたっぷりとうふ&ツナサラダ

とうふレシピ

3種のきのことうふグラタン

なめらかで優しい味!とうふのポタージュ

とうふとたまごのフワフワプリプリたまご焼き

あさりたっぷり!とうふ&チンゲン菜の中華炒め

健康をサポート!きのこたっぷりとうふのテンメンジャン炒め

超簡単 健康にトマトの栄養リコピンたっぷりとうふ&ツナサラダ

超簡単レンジでチン とうふとほうれん草のすまし汁

最後までお読みいただきありがとうございました。

see you again ! by vegeger