楽しいウチゴハン 夏だ!鰻だ!鰻の蒲焼だぁ~!

土用の丑の日=鰻の蒲焼というイメージは以前ほどしないのではないでしょうか。食品売り場では、盛んに土用の丑の日=鰻の蒲焼を食べましょうと呼びかけていますね。

土用の丑の日に鰻の蒲焼食べますか?

一年間で鰻の蒲焼どのくらい食べますか?

うなぎ屋さんで食べますか、食品売り場で買って食べますか?

ベジガーの家うなぎ屋さんだったんでしょ?

そうだよ。鰻の白焼きの加工をしていたから、鰻を食べて育ったんだよ。

鰻、美味しいの?

鰻も美味しいけど、鰻のきもが好きだったね。

ベジも食べてみたいなぁ。

鰻は高い・・・?

鰻の蒲焼は高級品のイメージがありますよね。うなぎ屋さんで食べると3000円~5000円位、食品売り場ですと1000円~3000円位ですね。国内産の鰻は値段が高く、インドネシア産、中国産のものは値段がやすくなりますね。真空パックにされた鰻の蒲焼が美味しいのか不安になりますよね。

そこで、楽しいウチゴハンでは安い見切り商品の中国産鰻の蒲焼490円を、美味しく食べることにチャレンジしてみました。

鰻の蒲焼&アボカド

鰻の蒲焼をただ温めても面白くないですよね。

鰻の蒲焼を、どのように調理してますか?

レンジでチンしてご飯にのせて付属のたれをかけて食べる。温めてお皿に盛ってたれをかけて食べる。こんな感じでしょうか。

楽しいウチゴハンでは、鰻の蒲焼&アボカド&野菜サラダを使ってひつまぶし丼を作りました。

買った鰻の蒲焼にくしが打ってある場合は、温めてからくしを回すようにしてから抜いてください。鰻の身が崩れないですよ。

鰻の蒲焼を温めるのに一工夫。

フライパンにお酒を少し入れ、弱火で鰻の蒲焼を焼きます。ふっくらと焼きあがりますよ。切った鰻の蒲焼とアボカドを混ぜ合わせます。どんぶりの半分に野菜サラダ、半分にご飯と鰻の蒲焼とアボカドでひつまぶし風丼の出来上がりです。

鰻の蒲焼の香ばしさとアボカドの食感、野菜サラダのみずみずしくさっぱりした味わいがマッチしてなかなか行けてますよ。

鰻は栄養がいっぱい!

鰻はビタミンやミネラル等が豊富で栄養価が高くバランスがいい食品です。夏の暑い季節になると冷たいものや、のど越しのいいおそうめん等食事が偏ってしまいがちですね。鰻はこの季節にピッタリの食べ物ですね。

DHAやEPAと言った高度不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用があります。

ビタミンAは、鰻100gに5000IU 含まれていて、チーズの約4倍、卵の約6倍あります。蒲焼一人前で一日に必要なビタミンAをまかなえてしまいます。

ビタミンB1は、牛乳の25倍、ホウレンソウの10倍含まれています。鰻100gで一日分がまかなえてしまいます。

その他にも、ビタミン、ミネラル等栄養素がたくさん含まれています。意外なことに、カロリーはかつ丼、とんかつ、天丼よりも少ないです。

#ワンポイントアドバイス

ビタミンCや食物繊維が取れないため、野菜と一緒に食べるとさらに健康や美容に効果的です。まさに、鰻の蒲焼&アボカド&野菜サラダは理にかなった丼ですね。

詳しいレシピはこちらからどうぞ<<

鰻栄養素・健康・美容についてはこちらからどうぞ<<

暑い夏を効果的な食事で乗り切りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

see you again ! by vegeger