簡単 健康と美容にいい”タモギダケ”で温っかにゅうめん

夏 暑くなってくると冷たい物ばかり食べてしまいますね。

冷たいおそうめん

冷やし中華

ざるそば

暑くなると食欲がなくなりのど越しのいい冷たい物を食べてしまいます。暑い時には、熱い物を食べて汗をかくというのも夏バテ解消に役立ちますね。

冷たいおそうめんから一工夫して健康と美容にいい温っか中華風にゅうめんを作りましょう。

おそうめんって冷たい物ばかりだと思ってたよ~

中華風ってどんな感じなんだろうね。ワクワクしてくるね。

材料

  • キャベツ            1枚
  • タモギダケ           1/2パック
  • にんじん            1/3本
  • きゅうり            1/2本
  • もやし             1/2袋
  • おそうめん           1人前
  • あらびき塩コショウ       少々
  • かたくり粉           少々
  • ごま油             適量

かけ汁

  • 水               250㏄
  • 創味シャンタン(ペースト)   小さじ1.5杯位
  • こぶだししょうゆ        少々

早く食べてみたいなぁ~

準備はいい?

はじめるね。

let’s cooking !

1.キャベツは食べやすい大きさに切ります。タモギダケは1/2、にんじんはいちょう切り、きゅうりはらん切りにします。もやしはさっと水洗いして水切りをして置きます。

 

2.器に水・創味シャンタン・こぶだししょうゆを入れ、レンジ600wで1分30秒チンします。好みの味に調えてください。

3.おそうめんを茹で、水洗いして水切りをしておきます。

4.フライパンにごま油を入れて(1)を炒めます。あらびき塩コショウで軽く味付けをします。

5.(2)を100㏄位入れかたくり粉でとろみをつけます。

6.器に(5)を半分入れおそうめんを盛ります。(2)をレンジ600wで1分チンしておそうめんにかけます。おそうめんの上に(5)の残りを盛りつけ出来上がりです。

健康と美容にいい”タモギダケ”

夏の限られた一時期にしか取れない幻のきのこと言われていましたが、食品売り場で手に入るようになりました。

別名「だしきのこ」とも言われ、だしが良く出て食感もいいきのこです。

健康維持に役立つβグルカンが、アガリスクの約3倍

抗酸化物質エルゴチオネンによる効果は、ビタミンEの約7,000倍

整腸作用のあるキシロースは、米ぬかの約60倍

太ったと感じる方・美容を心がけている方・毎日の健康を保ちたい方にお薦めの”タモギダケ”です。

近年は含有する栄養素に注目されて、サプリメントや健康食品にも加工されています。

まとめ

夏、熱い時期には冷たい食べ物が多くなり、胃腸の調子が乱れたりします。温かい食事を取ることで夏バテ予防をしましょう。普段の食べ方を、一工夫して目先を変えることで食欲が出てきますよ。おそうめんと一緒に野菜をたくさん取れる温っか中華風にゅうめんを試してくださいね。

注目のきのこ”タモギダケ”や野菜を取ることで、健康や美容に役立てましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

see you again ! by vegeger