おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン

子供の頃ってナポリタンがごちそうだったね。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン

年が知れるね。(笑)

今では、いつでも簡単に食べられる時代ですね。

料理のレシピやYouTubeでの動画のナポリタンって濃厚な味付けのナポリタンがほとんどですね。

なんか子供のころに食べたナポリタンはもっと違ってたように思いますね。

お皿ではなくて、ステーキ用の鉄板に載っていたように思います。

鉄板を熱してたまごを流したまご焼きにして、その上にナポリタンが載っていたそんな思い出がありますね。

鉄板がないので、お皿の上にたまご焼きを載せてナポリタンを盛りつけてみましたよ。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタンを作りましょう。

サイトのマスコット

鉄板の上にたまご焼きとナポリタンなんだ

今時見たことないね

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタンの材料

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 材料

2食分の材料

  • スパゲティー     180g
  • ピーマン       1個
  • ニンジン       1/4
  • たまねぎ       1/4
  • マッシュルーム    4個
  • ウインナー      5個
  • ケチャップ      大さじ4
  • とんかつソース    大さじ1.5
  • 塩          少々
  • ブラックペッパー   少々
  • パルメザンチーズ   少々
  • オリーブオイル    大さじ3
  • 水          1.4ℓ
  • 塩          小さじ3

let’s cooking !

1.たまねぎ・マッシュルームはスライスに、ピーマンは細切りに、ニンジンは拍子きりにします。ウインナーは、斜めに細切りにします。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン

2.鍋に水1.4ℓと塩小さじ3を入れて沸騰させて、スパゲティーを入れたら20秒くらい混ぜ合わせて麺をほぐします。強火から少し火を弱めて茹でます。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 調理2

茹で上がったスパゲティーをざるにあげてオリーブオイル大さじ1を振りかけて混ぜあわせておきます。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 調理2

3.フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて熱し、フライパンが温まったら溶きたまごを入れて薄焼きたまごを焼きます。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 調理3

薄焼きたまごが出来上がったらお皿に敷いて置きます。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 調理3

4.(3)のフライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて、ニンジン・ウインナーを入れて炒めます。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 調理4

5.(4)にたまねぎ・ピーマン・マッシュルームを加え味だしの塩をして炒めます。火が通ったら取り出して置きます。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 調理5

6.(5)のフライパンにケチャップととんかつソースを入れて煮詰めます。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 調理6

(2)のスパゲティーを入れてケチャップと混ぜ合わせます。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 調理6

(5)の炒めて置いた具材を加えブラックペッパーを振り混ぜ合わせます。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 調理6

7.(3)の薄焼きたまごを敷いたお皿に(6)のナポリタンを盛りつけパルメザンチーズを振りかけて出来上がりです。

おひとりさま 子供のころを思い出し昔ながらのナポリタン 完成品

♪・子供のころに食べたナポリタンを思い出しながら作りました。昔懐かしい素朴なナポリタンの味ですね。薄焼きたまごの上にナポリタンが盛りつけられているというのが印象的でしたね。

毎日野菜を摂取しよう!

毎日野菜を食べましょう。

いろいろな野菜をバランスよく食べましょう。

お肉を食べる時は、お肉の2倍の野菜を食べましょう。

などと言われています。

どうして野菜・・・?

健康に役立つの・・・?

食べなないといけないの・・・?

と疑問に思うことはありませんか。

生命維持に欠かせない野菜!

野菜に含まれる代表的な栄養素は、ビタミン・ミネラル・食物繊維の3つがあげられます。

私たちの体に欠かすことのできない栄養素です。

酵素を活性化

ビタミン・ミネラルには、酵素を活性化させるという大事な仕事があります。

体には、5千種類以上の酵素があり、生命維持に欠かせない働きをしています。

酵素は、ビタミン・ミネラルがないと働けません。

それぞれの酵素に対応するビタミン・ミネラルも決まっているため、特定の栄養素が不足すると、それを必要としている酵素の働きが弱まります。

例えば、ある酵素の働きが弱まれば、治癒力や修復機能、解毒や免疫力の低下などさまざまな不具合が起きてきます。

多種多様な野菜を食べることで、たくさんのビタミン・ミネラルを摂ることが出来ます。

いろいろな種類のビタミン・ミネラルを摂ることが重要です。

腸内環境と脳機能

食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維の二種類があります。

そのほとんどを野菜と果物から摂っています。

食物繊維が不足すると便通が滞り、腸内環境と脳機能に影響がでてきます。

野菜不足と死亡率

野菜摂取量がゼロだと最も死亡率が高く、摂取量が増えるにしたがって死亡率が下がります。

1日350~700g位までは、死亡率はほぼ同じであると言われています。

350gというのは、健康を維持するための1つの目安になっています。

まとめ

野菜は多種多様の栄養素が含まれ、ビタミン・ミネラル・食物繊維を効率よく摂ることが出来ます。

1日3回の食事の中で野菜を有効に使って栄養を取れるようにしたいですね。

一度に350gの野菜を摂るのは難しくても、1日の食事の中で分けて摂るようにしたりいですね。

野菜ジュースや青汁などで補うこともできますよね。毎日の食成果との中で有効に活用したいですね

野菜サラダ

健康と美容にいいレシピ

健康にいいと大注目!野菜の王様ブロッコリーの生サラダ

簡単 野菜たっぷり健康と美容効果が詰まったミネストローネ

超簡単 ゴマリグナンで健康増進チンゲン菜のごま和え

超簡単 お酢が健康と美容に効果発揮!好きな野菜でピクルス

超簡単 健康と美容にいいパプリカのサラダ

最後までお読みいただきありがとうございました。

see you again ! by vegeger