簡単 野菜たっぷり中華スープで食べるパリパリ餃子

野菜たっぷり中華スープで食べるパリパリ餃子

餃子はパリパリに焼きあげると美味しい!

餃子の画像

餃子を焼くときにはどうしていますか?

油を多めに入れて焼く

お水を入れて蒸し焼きにする

お水に、小麦粉・かたくり粉を入れて蒸し焼きにする

それぞれに好みの焼き方がありますね。

餃子の種類もいろいろあり、肉餃子・野菜餃子・エビ餃子に普通の餃子、ニンニクのあり、無しなどがありますね。

店頭では有名店の餃子から、宇都宮・浜松など餃子の街ブランド品まで売っていますね。

お好みの餃子で作ってみてくださいね。

サイトのマスコットベジ

餃子はパリパリでなくちゃね

野菜スープで食べるのも美味しいよ!

簡単 野菜たっぷり中華スープで食べるパリパリ餃子の材料

簡単 野菜たっぷり中華スープで食べるパリパリ餃子 材料

  • 餃子         1パック
  • だいこん       10㎝位の1/4
  • にんじん       10㎝位の1/2
  • たまねぎ       1/4
  • ブロッコリースーパースプラウト ひとつかみ
  • ごま油        大さじ1
  • 水          70㏄
  • かたくり粉      小さじ1/3
  • *創味シャンタン   小さじ1
  • *減塩しょうゆ    大さじ1
  • *みりん       小さじ1
  • *リンゴ酢      小さじ1
  • *水         200㏄
  • *鷹の爪輪切     6個

サイトのマスコットベジ

準備はいい~

パリパリ餃子はじめようねぇ

let’s cooking !

簡単 野菜たっぷり中華スープで食べるパリパリ餃子 調理1

1.たまねぎはスライス、だいこん・にんじんはスライスラーで細くスライスします。

簡単 野菜たっぷり中華スープで食べるパリパリ餃子 調理2

2.(1)に*の材料を入れて、レンジ600wで3分チンして味を確認して下さい。

簡単 野菜たっぷり中華スープで食べるパリパリ餃子 調理3

3.フライパンにごま油を入れて香りが立ってきたら、餃子を円を作るように並べます。水とかたくり粉を溶いたものを入れ蓋をして蒸し焼きにします。

簡単 野菜たっぷり中華スープで食べるパリパリ餃子 調理4

4.5~6分して、蓋を取り焼き上げます。

簡単 野菜たっぷり中華スープで食べるパリパリ餃子 完成品

5.(4)をお皿に取り出し、(2)にブロッコリースーパースプラウトをトッピングしたスープと組み合わせて出来上がりです。

野菜はどうして必要なの?

野菜を食べる健康的な女性
Young and happy woman eating healthy salad sitting on the table with green fresh ingredients indoors

毎日野菜を食べましょう。

いろいろな野菜をバランスよく食べましょう。

お肉を食べる時は、お肉の2倍の野菜を食べましょう。

などと言われています。

どうして野菜・・・?

健康に役立つの・・・?

食べなないといけないの・・・?

と疑問に思うことはありませんか。

生命維持に欠かせない野菜!

野菜に含まれる代表的な栄養素は、ビタミン・ミネラル・食物繊維の3つがあげられます。

私たちの体に欠かすことのできない栄養素です。

酵素を活性化

ビタミン・ミネラルには、酵素を活性化させるという大事な仕事があります。

体には、5千種類以上の酵素があり、生命維持に欠かせない働きをしています。

酵素は、ビタミン・ミネラルがないと働けません。

それぞれの酵素に対応するビタミン・ミネラルも決まっているため、特定の栄養素が不足すると、それを必要としている酵素の働きが弱まります。

例えば、ある酵素の働きが弱まれば、治癒力や修復機能、解毒や免疫力の低下などさまざまな不具合が起きてきます。

多種多様な野菜を食べることで、たくさんのビタミン・ミネラルを摂ることが出来ます。

いろいろな種類のビタミン・ミネラルを摂ることが重要です。

腸内環境と脳機能

食物繊維は、水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維の二種類があります。

そのほとんどを野菜と果物から摂っています。

食物繊維が不足すると便通が滞り、腸内環境と脳機能に影響がでてきます。

野菜不足と死亡率

野菜摂取量がゼロだと最も死亡率が高く、摂取量が増えるにしたがって死亡率が下がります。

1日350~700g位までは、死亡率はほぼ同じであると言われています。

350gというのは、健康を維持するための1つの目安になっています。

まとめ

野菜は多種多様の栄養素が含まれ、ビタミン・ミネラル・食物繊維を効率よく摂ることが出来ます。

ビタミン・ミネラルが不足すると、たんぱく質・脂質が本来の働きをすることが出来ません。

健康維持や病気の予防に必要なビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素を摂るために1日350g程度の野菜を摂るようにしましょう。

野菜の画像

健康と美容にいいレシピ

超簡単 健康と美容にいいパプリカのサラダ

簡単 健康と美容にイカとパプリカの甘酢炒め

簡単なのに健康的ゴーヤ&ビタミンB1豊な鮭で健康チャーハン

簡単 健康的になすと鶏レバーの甘辛炒め

簡単 健康と美容にいいビタミンC豊富なカリフラワーのグラタン

にんじんの料理画像

関連記事

美肌にも!レモンより多いビタミンCブロッコリーの美容効果

クレオパトラの美の秘密はセサミンごまパワーで健康と美容効果

お酢は最強⁈女性が注目すべきお酢の効果効能

赤の秘めた力 健康と美容食材知らなかったら損するパプリカの秘密

最後までお読みいただきありがとうございました。

see you again ! by vegeger